プレゼントはどのように選ぶべきか

プレゼント選定の難しさ

子ども会に参加した子どもに与えるプレゼントを選ぶことは簡単ではありません。
ですので、プレゼントを選定する役割になった方は細心の注意を払いながら職務を全うする必要があります。
なぜなら、こうしたプレゼントはその中身によって子どもたち同士のトラブルにつながりかねないからです。

例えば、一部の子どもにのみ高価なプレゼントを与えてしまうと、他の子どもたちがそのプレゼントを羨ましく思うでしょう。
最悪、そのプレゼントをもらった子供が無理やりプレゼントを取られてしまったり、いじめの対象になってしまうかもしれません。

また、金銭が関係する以上子ども同士だけでなく彼らの保護者間のトラブルにつながることもよくあります。

どのように選ぶべきか

では、こうしたプレゼントをどのように選定すれば良いのでしょうか。
まず、プレゼントの選定係はなるべく二人以上にした方が良いです。
一人のみですとプレゼントを選ぶ際客観的な判断ができなくなってしまうからです。
主観的にプレゼントを選んでしまうと、子どもたちが全くプレゼントに興味を示さなくなり、次回以降の子ども会の参加者が減ってしまうかもしれません。

また、あらかじめ参加する保護者か主催者たちで予算の限度額を設定することも重要です。
極端に高価なプレゼントが景品となってしまうことを防ぐためです。
また、限度額は総額だけでなく個別個別のプレゼントに対しても設定するようにしましょう。
たとえビンゴ大会のような競争型のイベントであっても子ども同士のトラブルを予防する必要があるからです。


この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

Page Top