プレゼントを準備する際に気を付けるべきこととは

保護者同士のコミュニケーション

子ども会というと子どもが中心的な役割にはなります。
しかしながら、こうしたイベントを準備し運営するのはその保護者になります。
イベント自体はたった一日で終わってしまったとしても、その準備期間は長期になることも多いです。
ですので、意外に思われるかもしれませんが、こうした子ども会でトラブルになりやすいのは子ども同士よりも保護者同士であることが多いです。

また、保護者同士のトラブルは話がこじれ事態が悪化してしまうリスクが子ども同士よりも大きいと言えます。
ですので、こうした子ども会を準備、開催する際は、保護者同士のコミュニケーションを充実させ、トラブルを未然に防ぐことが重要になります。
なるべく、定期的に準備に参加している人全員の意見を交換し合うイベントを設けるようにしましょう。

次につなげるようにしよう

先ほども説明しました通り、子ども会で配られるプレゼントは次回以降のイベントに参加者を引き付ける働きがあります。
ですので、こうしたリピーター効果を万全なものにするためにも、こうした効果が妨げられるようなトラブルを防ぐことが必要になります。

例えば、すべてのプレゼントが子ども会に参加した子どもにとって魅力的なものである必要があります。
ビンゴ大会でプレゼントの優劣を付ける場合であっても、あまりに粗末なプレゼントを用意することは避けるべきです。
なぜなら、そのようなプレゼントを受け取った子どもが同様のイベントに次回以降も参加する確率が大幅に下がってしまうからです。

また、配布するプレゼントに次回開催するイベントの情報を載せることも効果的でしょう。


この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

Page Top